• HOME
  • 寄付のお願い

寄付のお願い

早稲田大学系属 早稲田佐賀中学校・高等学校へのご寄付のお願い

本校は、2010年4月に、佐賀県唐津市に開校いたしました。佐賀県は早稲田大学の創設者大隈重信の出身地です。国際的大不況の中、このゆかりの地で発進することができましたのは、ひとえに各方面の暖かいご援助とお励ましの賜物と存じます。おかげさまで受験者数は定員をはるかにこえ、入学生たちは日々勉学にクラブ活動にと、元気に励んでおります。
本校の生徒数は、学年進行とともに毎年増えてまいります。2015年4月には、中学から高校に内部進学した生徒と高校から入学した生徒とが全てあわさり、当初の予定通り、開校時の4.5倍の生徒数になりました。
このような生徒数の増加に対応するには、教室や寮の拡張が必須で、現在その準備をしております。またあわせて本校が力を入れている理科教育、語学教育、スポーツに必要な設備の充実もはかっております。
本校は当初より国際的に開かれた学校を目指しております。将来は外国からも生徒を受け入れていく所存です。また経済的問題を抱える生徒に対する援助も検討しております。
教育こそは国家のいしずえです。大不況の今だからこそ、将来の日本のため、豊かな教養と深い人間性を持ち、自己をしっかりと確立し他者を思いやれる人材を、佐賀県唐津の地で育成し、全国に、さらには世界へと羽ばたかせてまいりたいと存じます。
しかし不況は好転の兆しを見せず、教育機関に深刻な影響をあたえております。本校もその例外ではありません。特に本校の場合は新設校であるため、早急に施設や設備を整備する必要に迫られております。
以上の事情から、ここにご寄付のお願いをさせていただきます。趣旨にご賛同いただける場合には、別紙の「寄付申込書」にご記入のうえ、ご連絡いただければまことに幸いに存じます。
末筆ながら、皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。

2017年4月1日

学校法人 大隈記念早稲田佐賀学園
理事長 村上 公一