附設寮「八太郎館」

  • LIFE
  • STUDY
  • DINING
  • SAFETY
  • COMMUNITY

03.DINING 専属栄養士による献立て


美味しく楽しい食事で、毎日笑顔を輝かせる。

地元唐津産の新鮮な食材をふんだんに使い、食堂のスタッフの方々が真心を込めて、一人ひとりに提供されています。寮生の出身地別の「郷土料理の日」、パンやサラダをビュッフェスタイルで提供する日、地元唐津の料理人を招いての食育イベントなど、寮生たちを飽きさせない工夫も企画されます。また、出身地が多方面な寮生たちは、その生まれ育った地の味付けは忘れられません。そこで食堂では常にアンケートを取り、寮生の嗜好になるべく応える努力もしています。寮生が不慮の体調不良の際は、代替食が提供されたりと、成長過程にある寮生たちの「食」を全力でサポートしています。

ランチボックス

ランチボックス

寮生の昼食は、寮のキッチンで調理されたものが学校に届けられます。毎日バラエティに富んだ美味しいお弁当です。ごはんは温かく、おかわりもできます。また、自宅通学生も申し込めば利用できます。

献立について

献立について

日々三食の献立は、クオンネットで各家庭にお知らせします。管理栄養士が考えた、栄養バランスがとれ、カロリーも計算されたメニューが自慢です。なお、食物アレルギーには対応しておりません。

DINING
DINING
DINING
DINING
DINING
DINING

八太郎館食堂スタッフメッセージ

八太郎館食堂スタッフ

中学生・高校生の時期は体が最も成長する非常に大切な時期です。この時期の食生活は質・量ともに十分な配慮が必要となります。八太郎館に在籍する生徒たちのために、専属の管理栄養士が親身になって毎日のメニューを作成し、我々調理スタッフは心を込めて調理にあたっています。入学当時は好き嫌いが多かった1年生も、八太郎館の食事で美味しく食べることができるものが増えて卒業してくれています。これからも安全で美味しい食事を提供し、学校や寮の生活が充実したものとなるようサポートしていきます。