学校案内

メッセージ

早稲田大学の知的財産を全ての生徒たちへ。
 学校法人 大隈記念早稲田佐賀学園
理事長 渡邉 義浩
さまざまな分野で 国内外を問わずリーダーシップを発揮できる素養を育む。

佐賀県は早稲田大学の創設者である大隈重信の生誕の地であり,唐津市は藩出身の天野為之の生誕地でもあります。天野為之は早稲田佐賀中学校・高校の校舎が建つ位置にあった藩の英学校「耐恒寮」で学び,政治家,経済学者として活躍し早稲田大学第2代学長に就任するなど早稲田大学や本学園と深いつながりがあります。またこの地は幕末から明治にかけて日本の政治・産業の発展に向けて大きく貢献した人材を送り出した地でもあります。
早稲田佐賀中学校・高校は2010年4月に開校し,9年目を迎え着実に歴史を刻み成長・発展し続けています。まもなく開校10年目を控え,これまでの学園を振返り,更なる発展に向けて改善・改革を進めていくとともに唐津市をはじめ地域とのつながりを大事にした教育活動をしてまいります。
佐賀県,福岡県や九州,全国から集う生徒には切磋琢磨しながら唐津の地で学び,先人たちに倣って,将来さまざまな分野で国内外を問わずリーダーシップを発揮できる素養を本学園で育んでいけるように学園を運営してまいります。
 

 
渡邉 義浩【経歴】
北海道教育大学助教授,大東文化大学教授を経て,2013年より早稲田大学文学学術院教授。2016年から早稲田大学文学部教務主任を歴任し,2018年より早稲田大学理事(文化推進,地域連携,本庄プロジェクト)。2018年11月より本学園理事長に就任。
 
校長 宇髙 勝之 早稲田佐賀中学校・高等学校
校長 宇髙 勝之
グローバルとローカル、双方の視点から高い志と目標を持って
のびのびと学び、人間力を鍛える絶好の学び舎です。

今や世界はボーダーレスとなり、多くの人や物、そして膨大な情報が世界中を駆け巡り、激しく変化しています。このような社会情勢の中でいたずらに時流に流されず明日を切り拓くためには、グローバル視点の育成と総合的人間力の形成が益々重要になっていきます。すなわち、早稲田大学創設者の大隈重信を初めとした明治維新の多くの功労者のように、変化する世界をしっかりと見据え、その情勢に柔軟に対応できるように常日頃自己を鍛え、そして高い目標を持って頂きたいと思います。そのために学び、真の友を得て、世界を俯瞰(ふかん)する地として、早稲田大学と縁が深く、かつ自然、文化、風土に優れた佐賀・唐津は最適な地です。熱意と愛情、そして厳しさ、さらに海外研修を含めた英語教育を通して、ぜひのびのびと学んで頂きたいと思います。また、本校から半数の生徒が早稲田大学に推薦で入ることができますが、それにこだわらず、ぜひ広い視野を持って色々と挑戦して頂きたいと考えています。一緒に頑張りましょう。

 
宇髙 勝之【経歴】
早稲田大学理工学術院教授。1976年早稲田大学理工学部電子通信学科卒業。1981年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了、工学博士、1981年国際電信電話株式会社研究所入所、1995年早稲田大学理工学部電子・情報通信学科教授、現在に至る。専門はフォトニクス。また、早稲田大学大学院理工学研究科教務主任、同大教務部副部長を歴任し、2013年4月より校長に就任。